住宅型有料老人ホームを選ぶメリットとは

有料老人ホームの中には、介護付、住宅型、健康型、と3つのタイプの施設があり、それぞれ特色がありサービス内容が異なります。


住宅型有料老人ホームは、介護が必要ない健康な方から、常に介護が必要な要介護度の高い方までが入居できる施設です。

施設のサービスとしては24時間の見守りサービスを備えた居室を提供するものです。

この見守りサービスとは、スタッフが施設内に常駐しており、コールを押したら24時間いつでもすぐに駆けつけることができるものや、1日に1回は様子を確認するために居室を訪れる、夜間の巡回を行う、等があります。



高い費用がかかる有料老人ホームですので、できれば1ヶ所の施設で最後まで暮らしたいと考える方が大半です。

その点、住宅型有料老人ホームでは、介護が必要ない状態から入居でき、徐々に介護が必要になった時にはその時の状態に応じて必要な介護を必要な分だけ利用できるので、終の棲家として選ぶ方が多くあります。


また、施設数が多く、自由度が高い傾向にあるのもこのタイプの施設の特徴です。

自宅で1人で暮らすのは困難でも施設に入るのはためらうというまだまだ元気な方でも、施設の見学に行くと、きれいで設備の整った居室を一目で気に入る、という話もよくあります。

効率がいいT-SITEのことならこちらをご活用ください。

元気なうちは自分で外出し、料理も洗濯もし、自分の身の回りのことは自分でこなすことが可能な施設なので、元気な状態を長く維持できる環境が整っているのもこのタイプの施設です。

多角的な視点から有料老人ホーム情報を検索しましょう。


Copyright (C) 2016 住宅型有料老人ホームを選ぶメリットとは All Rights Reserved.